これでアナタもセミナー配信者?動画セミナーのハウツー

動画セミナーを自分で制作するには?作り方のポイントと注意点

動画セミナーと従来のセミナーの違いとは?

パソコンやスマホ、タブレットなどのデジタルデバイスを持つ方のほとんどが、一度は視聴した事のある動画サービス。2000年辺りから爆発的な人気を誇り、今は生活に無くてはならないものになっています。

そんな動画サービスが提供されたのは意外に浅く、2005年となります。当時はテキストや短いアニメーションがメインだったのでリアルな動画がネット上にアップ出来るのはとてもインパクトがありました。動画サービスは世界中に広まりましたが、実は回線コストの問題により運営が危うくなった時期もありました。

しかし大手企業に買収されてからは安定した回線品質で利用出来る様になりました。スマホが普及した時期と重なった事もあり、この頃から動画は「見るもの」では無く「作るもの」に変化していき、より人々の生活に馴染みやすくなりました。

素人が動画を作って投稿し、それに対するレスポンスをもらってコミュニケーションを取るサービスがトレンドになり、多くの方を楽しませました。動画のサブスクリプションが提供されたのは2007年です。映画だけでは無くテレビ番組やネット独自の番組配信を行い「テレビ離れ」という言葉を作るほどの影響力を得ました。

そんな目まぐるしく発達していく動画サービスですが、近年では動画セミナーが注目を集めています。通常のセミナーとの違いはもちろんの事、自分で作る場合にはどんな知識が必要なのでしょうか?これから動画制作をする方に役立つ情報を公開しています。

動画サービスの種類と古今

従来のセミナーは開催日時を設定し、集客した上で利益を得るサービスで少し前までは多くの方が開催していました。 しかし生活儀式の変化により従来のセミナーではなく動画セミナーがシェアを伸ばしています。これらの違いはもちろんの事、メリット・デメリットを公開しています。

動画セミナーを制作する前に知っておくべき事

一言で動画セミナーといっても様々な種類がある事を知っていますか?オンデマンド配信や完全ライブ配信など、提供するサービスによって集客が大きく変動します。 また配信環境やツールなど、制作前に固めておきたいステップもあるのでまず確認してみましょう。

さっそく動画を作ってみよう!

ツールや配信方法、種類を決めたらさっそく動画を制作してみましょう。ビデオカメラやマイク以外にどんなものが必要になるのか。 更に印象に残りやすい動画を制作するちょっとしたポイントをお教えします。コツを掴んで、多くの方にアナタを伝えたい事を配信して下さい。

Page Top